スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

ブリューゲルの動く絵




これは美術映画としてみれば秀逸、とても面白い撮り方だと思います。

16世紀のネーデルラント(オランダ)で活躍したブリューゲル。
彼の代表作である「十字架を担うキリスト」の絵の中には100名もの
人々が描かれていますが、この映画はその人々が主人公。

この作品、メチャメチャ淡々と地味に進んで行くので、好き嫌いが
分かれるかもしれません。が、絵画の中で展開される群像劇は
非常に興味深いです。

「十字架を担うキリスト」はブリューゲルの生きた16世紀の
フランドル地方の景色と風習を聖書の物語と融合した作品。
この中でどんな物語が展開されるのか、想像しただけで
興味が湧いてきませんか!?

渋谷Bunkamuraの近くで上映されていますので、現在開催中の
フェルメールからのラブレター展」とハシゴしても
いいかもしれません。



■個人評価:★★☆☆☆




2011/12/25

スポンサーサイト

↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

2011年に観たお気に入り映画音楽

2011年に観た映画のベスト5は先日整理してみましたが、
今度は音楽編。

映画で使われていた音楽で個人的に気に入ったものの紹介です。


Love Love - Take That



X-MEN: ファースト・ジェネレーション』で使われていましたこの曲。
よくあるPOPな感じなんですが、耳に残って覚えやすいし、サビの
メロディーが心地いいです。


Chick Habit - April March



こりゃノリが最高にいいっす!
タランティーノの『デス・プルーフ』で使われていた曲。
まさに彼らしい選曲ですね、これは大好き!


World in Union '95 - Overtone with Yollandi Nortjie



映画『インビクタス 負けざる者たち』で使われていた曲。
エンドロールに流れるこの「Jupiter」はほとんどアフリカのミュージシャンに
よって演奏されているアフリカンバージョン。
正直内容は特段良かったと感じませんでしたが、この曲のアレンジが凄く好きです。


さよならの夏 - 森山良子



コクリコ坂から』で森山良子さんのこの曲を手嶌葵さんがカバーして
歌っていました。
映画のイメージソングにもなっていて、映画が公開されていた2011年の夏には
何度か耳にしたのではないでしょうか。
映画のCMで流れていた時は夏という季節にも合っていて印象が深いです。


Mission Impossible Theme Song



ご存じ『ミッションインポッシブル』シリーズのテーマ曲。
最新作ゴーストプロトコルは予想以上に面白くて手に汗握りました。


音楽で映画の面白さや印象が大きく変わって来ますよね、
本当重要な要素だわぁ。




↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

2011年に見た映画ベスト5

いよいよ、2011年も残すところあと3時間を切りました。

今年も、blogには書ききれませんでしたが、TV録画したもの
などを含めると年100本以上の映画鑑賞達成です。

最近はスキマ時間を使った鑑賞もしていますが、
なるべく1本は一気に観てしまうように心がけています。
そうしないと、感動や面白さが薄れてしまうから。
それに中途半端だとやっぱりコメントできません。

あと、忙しい時の方が時間を作ることが上手になったのか
前よりたくさん映画を観ています。

と、そんなところで、2011年に観た映画ベスト5です!
※2011年公開のもの以外の作品もあります。


【総合】

1位:遠い空の向こうに


これは号泣しました。
確認はしていませんが、マンガ「宇宙兄弟」の中でも似たような設定が
出てくるのですが、恐らくこれを参考にされたんじゃないかと。
あと「スタンドバイミー」世代の方にも是非オススメ。


2位:冷たい熱帯魚


エログロにサイコが加わって、個人的には大好物要素が
思いっきり詰まった1本。
この映画で園監督のファンになりました。
2011年はもう1本『恋の罪』も公開になりましたが、どちらかというと
こちらの方が好きです。
来年は『ヒミズ』の公開も控えています。
10月には園映画常連の神楽坂さんと婚約したようです。


3位:アンストッパブル 

2001年5月に米国オハイオ州で発生した貨物列車暴走事故を元に制作。
現場の勘と経験がどれだけ大事か、組織の上層部の方々にも是非見ていただきたい1本。
こちらも感動しました。


4位:イリュージョニスト

2011年はいろんなタイプのアニメ映画も多く観ましたが、どうしても
1本挙げるとしたらこれでしょうか。ちょうど舞台になるエジンバラへ行ってきた
ばかり
の時に見たこともあって、街の描写がまるで自分が旅しているかのように
素晴らしかったのと、終始ほとんど台詞のない中で、あれだけの物語を展開
しているのがスゴイ!雰囲気も好きだし、お気に入りの1本です。
最後のカットの意味が理解できたとき、奥の深さに気付くと思います。


5位:ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える


これは前作に引き続きまたまたずいぶん笑わせてくれました。
公開中は無修正版が見たいが為にわざわざ六本木まで見に行ったくらい。
シリーズ2作目はクオリティも落ちるかなと思っていましたが、杞憂に
終わりました。
男はバカな生き物です、素直に見てスッキリしましょう!


あと挙げませんでしたが「リアルスティール」や「MI4」、宇宙人ポールなどは
充分面白かったですし、「TAKAMINE ~アメリカに桜を咲かせた男~」みたいな
作品は是非もう1度みたいです。


お正月お時間のある方は是非チェックしてみてくださいね!




↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

ミッション:インポッシブル ゴーストプロトコル





先日TV録画でシリーズの1を改めて観て、やっぱり一番「1」が
良かったなぁと思っていたら、今回のMIはスゴかった!

ご存じの方も多いと思いますが、今回の見どころの一つである、
UAE ドバイにそびえ立つ全高828mのブルジュ・ハリファでの撮影ですが、
トムはスタントを使わず自分で演じたとか。

それを知って観ると余計に手に汗握って興奮しました。
しかもしっかり笑いを取ることも忘れて居らず、このシーンに
限らず、終始飽きずに楽しめる作りになっていました。

アクションも笑いもそしてドキドキ感も全部思いっきり実感出来る、
楽しくて面白い映画でした!


■個人評価:★★★★☆




2011/12/24
↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

ニューイヤーズ・イブ



感じとしては『Love Actually』みたいな感じで、いくつかの人間模様が
絡み合って進む群像ロマンティックコメディ。

監督はゲイリー・マーシャル。
元々は、2010年の映画『バレンタインデー』の続編として企画されていたらしいです。

2003年の『ジャスト・マリッジ』を外国で見ていて、「Son of a ぶぃぃぃぃっチ!」の
台詞でうかつにもバカ受けして顰蹙をかいましたが、それ以来大好きになった
アシュトン・カッチャーと、どうせ私なんて的な健気な演技が可愛くて仕方なかった
ミシェル・ファイファー。

映画の中でもこの2人が絡んでいたストーリーが好きです。
自分にも起きたら相当嬉しい!


タイムズスクウェアのカウントダウンのシーンも元気出ますよ!


■個人評価:★★★☆☆




2011/12/24

↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

TAKAMINE ~アメリカに桜を咲かせた男~ (機内 NRT-JFK)







これは凄く良かった!

金沢ゆかりの世界的化学者である高峰譲吉博士の生涯を綴った映画。

前半は桜とは関係なく、彼の少年期からアメリカでの活躍などが描かれており、後半に
日米の関係を良好に保つための活動。渋沢栄一や金子男爵、豊田さきちに野口秀夫や
北里しばざぶろうなどとも絡みも。

こういう映画は沢山世に出して後世に伝えたい。





   (書籍)


■個人評価:★★★★★




2011/10/23
↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

星守る犬 (機内 NRT-JFK)




ちょっと長く感じたかな。夜のひまわり畑のシーンはすごくよかった。
個人的にはマンガの方が面白かったかも。

それにしても西田さんは最高だなぁ。。






■個人評価:★★☆☆☆




2011/10/23
↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

ウォール・ストリート(BD)




1987年の『ウォール街』の続編。
監督は今回もオリバー・ストーン。


前回大暴れしたゲッコーも刑務所から出所する設定で
再び登場。こちらもまたマイケル・ダグラスが演じます。
もう他の方ではシックりきませんよね!


今回はでも金融サスペンスというか、ゲッコーの娘と主人公との
親密な関係の絡みのせいで、映画の内容がブレてる感じでした。


最後にとったゲッコーの行動も、彼らしくない!と個人的には
少し残念な仕上がりでした。





■個人評価:★★☆☆☆




2011/12/04
↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

ファール・プレイ(DVD)


評判がいいというのは知っていても今まで観る機会がなかった
ファール・プレイ。

ヒッチコック色があちこちにちりばめられているという点も
楽しみでした。

監督・脚本はコリン・ヒギンズ。
彼は『大陸横断超特急』の脚本も手がけていました。

ジャンルとしてはサスペンス・コメディにアクション要素も
加わった1978年の作品。


でもやはり昔のコメディ、うーーーん((≡ ̄♀ ̄≡;))ってところが
多くて、まあ今見ると突っ込み処の多いこと。。
まあ、それだけ今も見て楽しめるってことでしょうか。

あと、終盤の日本を意識した衣装や舞台も奇抜で面白いです。






■個人評価:★★★☆☆




2011/12/04
↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

ザ・フォール / 落下の王国(BD)





インド出身のターセム監督の第2作目の作品です。

ターセム監督の処女作はあの「ザ・セル」。それから約5年後に
この「ザ・フォール」、そしてまた約5年後に「インモータルズ 神々の戦い」と
大体5年おきに作品が公開されています。

なんでも「ザ・セル」で成功したターセム監督が次に撮りたいと
撮ったのが、構想26年、撮影4年をかけた彼独特の世界。

個人的には正直内容はそんなに面白いものではなかったのですが、
何が良かったかというと、世界中のあちこちで彼のインスピレーションに
ヒットしたロケーションや世界遺産などで撮影されたというところ。

これは面白いですよ、彼独特の世界の中で、リアルな世界を
旅しながら楽しめます。特に旅好きの方であれば嬉しくなる
と思います。

また、私もトルコで見たことがありますが、宮殿の中でセマの儀式が
行われているシーンはエキゾチックで神秘的です。
Blu-ray版のメニュー画面には石岡さんの原型を壊さず映える色合いで
作られた衣装をきてセマのダンスを踊るシーンがあり素敵過ぎます。

あとは北京五輪開会式の衣­装ディレクターとしてご活躍された
石岡瑛子さんの斬新な衣装が、ターセム監督の世界観を築くのに
大きく貢献しているのではないかと思います。

自由で文化が融合し斬新でありながら、見てて美しいです。
これだけでも見る価値はあるかもしれません。







■個人評価:★★☆☆☆




2011/12/17
↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

Insta Shot

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

↑クリック頂けたら嬉しいです!

ブログ内検索

カウンター

最近の記事+コメント

フライトログ2013

★log109(北京-成田)
★log108(ミラノ-北京)
★log107(ミラノ-フランクフルト)
★log106(ドブロブニク-ローマ)
★log104・105(フランクフルト-ザグレブ-ドブロブニク)
★log103(ワシントンDC-フランクフルト)
★log102(成田-ワシントンDC)

主な旅ログ2012

■12月:世界一周
■9月:香川
■9月:タイ(バンコク)
■7・8月:モナコ、フランス(ニ-ス、マントン、ヴァンス、パリ、ヴェズレー)、スペイン(バルセロナ)
■7月:フィリピン(マニラ・セブ・ボホール)
■4月:北海道(札幌)
■3月:シンガポール
■3月:香川
■2月:北海道(札幌・石狩)
■1月:アメリカ(ロサンゼルス)

フライトログ2012

フライトログ101(羽田-高松)
フライトログ102(高松-羽田)
フライトログ100(バンコク-羽田)
フライトログ99(成田-バンコク)
☆フライトログ98(ウィーン-成田)
☆フライトログ97(パリ-ウィーン)
☆フライトログ96(バルセロナ-パリ)
☆フライトログ95(パリ-バルセロナ)
☆フライトログ94(ウィーン-ニース)
☆フライトログ93(成田-ウィーン)
フライトログ92(マニラ-成田)
フライトログ91(セブ-マニラ)
フライトログ90(マニラ-セブ)
フライトログ89(成田-マニラ)
☆フライトログ88(新千歳-羽田)
☆フライトログ87(羽田-新千歳)
フライトログ86(シンガポール-羽田)
フライトログ85(成田-シンガポール)
フライトログ83・84(羽田-高松)
フライトログ81・82(羽田-新千歳)
フライトログ79フライトログ80(羽田-ロサンゼルス)

主な旅ログ2011

■11月:長野
■11月:広島
■10月:新潟(佐渡島)
■10月:アメリカ(NC・NYC)
■10月:香川
■10月:鳥取・島根
■9月:チベット自治区(拉薩)
■9月:中国(西寧)
■7月:伊勢神宮(外宮・内宮)
■6月:会津若松(福島)
■5月:ギリシア(アテネ・メテオラ)
■4月:イギリス(ロンドン・エジンバラ)
■3月:石垣島(沖縄)
■2月:アパホテル&リゾート(幕張)
■2月:和倉温泉(石川県)
■1月:STING SYMPHONICITY JAPAN TOUR(武道館)
■1月:アメリカ(サンフランシスコ・サンノゼ)


バルーンで旅に出よう!

航空系ステータス

マイレージ
現在の保有マイル数です。
※積算数ではありません


スターアライアンス


2010年取得


ワンワールド

・2013年取得


スカイチーム

gold medallion
SkyMiles Gold Medallion


管理人

モリえもん

  • Author:モリえもん
  • 心機一転してまた戻ってきました!
    みなさま、何卒宜しくお願い申し上げます。

    [訪問国]  81ヶ国
    [好きな時代] 大航海時代
    [夢] 宇宙旅行

ご意見・ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。