スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bluecoke.blog12.fc2.com/tb.php/526-20c9b0e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェルメール<地理学者>とオランダ・フランドル絵画展

フェルメール、学生時代世界史で一度はお聞きに
なられたことがあるのではないでしょうか。

ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)は、17世紀に
オランダで活躍した画家で、光と闇を自由に操ることとして
知られるレンブラントと並び、17世紀のオランダ美術を
代表する画家です。

時代はちょうど大航海時代のまっただ中。
1602年には世界初の株式会社オランダ東インド会社が設立され、
幾人もの商人たちによってオランダの経済は潤い、街は栄え、
一部の上流階級の者達はこぞって画家に「絵画」を発注し、
楽しんだと言われています。

生涯のほとんどを故郷デルフトで過ごしたフェルメールの
作品は実存するものがわずか三十数点と少なくなかなか
生でお目にかかることは少ないかと思います。

デルフトは16世紀オランダで最も栄えていた都市の
ひとつで、東インド会社の倉庫もここにあったそうです。


2011-03-07 at 20.20.44 (598x800)

場所は渋谷のBUNKAMURAで5月22日まで。
レンブラント、ルーベンス、フランス・ハルスをはじめ、
ヤン・ブリューゲル(子)、フェルディナント・ボルなどなど
名画家達の作品が一挙に楽しめます。



IMG_4172 (598x800)

大航海時代は個人的にも思い入れがある時代です。
しゅっぱーつ!


IMG_4173 (598x800) IMG_4175 (598x800)

当時の地球儀(ファルク地球儀)や地図の作図ツール。
コンパスには東インド会社のロゴが刻印されています。


IMG_4174 (598x800)

『地理学者 (Der Geograph)』
ドイツのシュテーデル美術館に所蔵されています。

実はこの絵からは当時の様々な状況が読み取れるのですが
分かりますでしょうか。

例えば、後ろの棚の上に見える地球儀。
これはアムステルダムの代表的な地図制作者、ホンディウス家に
より制作されたもので、オランダの重要な商圏であるインド洋海域が
正面に向けられています。

また、学者が羽織っている上着。
これは、「ヤポンス・ロック」と呼ばれる日本の着衣です。
当時の裕福な市民階級の間で流行し、ステータスシンボルと
なっていたようです。

他にもいくつか隠れていたりしますが詳しくは是非実物を見て
確認してみてください!



IMG_4176 (598x800)

17世紀のオランダの一般的な酒場の様子。
エロオヤジがお店の店員さんにちょっかいを出している場面。
こんなおちゃらけた絵画も存在します。


IMG_4177 (598x800)


ルネサンスの宗教的かつ動的な絵画が流行っていましたが、
16世紀末のこの頃には「STILL LIFE」というジャンルが
イタリア・オランダで確立されました。
これがいわゆる「静物画」の始まりです。

ただ、この頃は実物を見たまま描いたのではなく、
想像力を働かせて、暗に作者の意図をあちこちに
取り入れ、魅力的な作品に仕上げています。

例えばこの絵を例にとると、春と夏の花が一緒に
生けられていたり、長い茎の花が普通は刺さらない
長さですが、この浅い花瓶に刺さっています。

また、蘇りの象徴である蝶や悪のシンボルである
トンボも描かれていたりします。



2011-03-07 at 20.30.31 (800x598) 2011-03-07 at 20.32.43 (800x598)

帰りはグッズショップがあります。

ココでしか売ってません的な、いわゆる限定アイテムの
バームクーヘンが美味しそうでしたので、一つ買いました。
もれなく非売品の右のフォークが付いてきます。


2011-03-07 at 20.35.24 (800x598)

あと家にスプーンが無くて、コンビニでヨーグルト買ったときに
店員さんがスプーン付け忘れて食べれないことが良くあるので、
いい機会だからスプーンも買いました(笑)
あとちょっとお洒落な付箋メモも。


絵画の楽しみ方は人それぞれですが、それぞれの絵に秘められた
作者の遊び心を読み解きながら見ていくのも非常に面白いと
思います。

いつも音声ガイドを利用されていない方は是非利用されることを
オススメします。きっとこのイベントが何倍も楽しめ、絵の見方が
変わってくることでしょう。


余談ですが、No22のバーレント・ファブリティウスの自画像は
マイケルジャクソンにそっくりです。MJファンは必見かも!?


公式サイト



同じくBUNKAMURAでは映画『真珠の耳飾りの少女』も
楽しめます。上映は今のところ1日1回11:30の回のみ
なのでスケジューリングの際にはご注意ください!

スポンサーサイト

↓クリック頂けたら嬉しいです!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bluecoke.blog12.fc2.com/tb.php/526-20c9b0e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Insta Shot

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

↑クリック頂けたら嬉しいです!

ブログ内検索

カウンター

最近の記事+コメント

フライトログ2013

★log109(北京-成田)
★log108(ミラノ-北京)
★log107(ミラノ-フランクフルト)
★log106(ドブロブニク-ローマ)
★log104・105(フランクフルト-ザグレブ-ドブロブニク)
★log103(ワシントンDC-フランクフルト)
★log102(成田-ワシントンDC)

主な旅ログ2012

■12月:世界一周
■9月:香川
■9月:タイ(バンコク)
■7・8月:モナコ、フランス(ニ-ス、マントン、ヴァンス、パリ、ヴェズレー)、スペイン(バルセロナ)
■7月:フィリピン(マニラ・セブ・ボホール)
■4月:北海道(札幌)
■3月:シンガポール
■3月:香川
■2月:北海道(札幌・石狩)
■1月:アメリカ(ロサンゼルス)

フライトログ2012

フライトログ101(羽田-高松)
フライトログ102(高松-羽田)
フライトログ100(バンコク-羽田)
フライトログ99(成田-バンコク)
☆フライトログ98(ウィーン-成田)
☆フライトログ97(パリ-ウィーン)
☆フライトログ96(バルセロナ-パリ)
☆フライトログ95(パリ-バルセロナ)
☆フライトログ94(ウィーン-ニース)
☆フライトログ93(成田-ウィーン)
フライトログ92(マニラ-成田)
フライトログ91(セブ-マニラ)
フライトログ90(マニラ-セブ)
フライトログ89(成田-マニラ)
☆フライトログ88(新千歳-羽田)
☆フライトログ87(羽田-新千歳)
フライトログ86(シンガポール-羽田)
フライトログ85(成田-シンガポール)
フライトログ83・84(羽田-高松)
フライトログ81・82(羽田-新千歳)
フライトログ79フライトログ80(羽田-ロサンゼルス)

主な旅ログ2011

■11月:長野
■11月:広島
■10月:新潟(佐渡島)
■10月:アメリカ(NC・NYC)
■10月:香川
■10月:鳥取・島根
■9月:チベット自治区(拉薩)
■9月:中国(西寧)
■7月:伊勢神宮(外宮・内宮)
■6月:会津若松(福島)
■5月:ギリシア(アテネ・メテオラ)
■4月:イギリス(ロンドン・エジンバラ)
■3月:石垣島(沖縄)
■2月:アパホテル&リゾート(幕張)
■2月:和倉温泉(石川県)
■1月:STING SYMPHONICITY JAPAN TOUR(武道館)
■1月:アメリカ(サンフランシスコ・サンノゼ)


バルーンで旅に出よう!

航空系ステータス

マイレージ
現在の保有マイル数です。
※積算数ではありません


スターアライアンス


2010年取得


ワンワールド

・2013年取得


スカイチーム

gold medallion
SkyMiles Gold Medallion


管理人

モリえもん

  • Author:モリえもん
  • 心機一転してまた戻ってきました!
    みなさま、何卒宜しくお願い申し上げます。

    [訪問国]  81ヶ国
    [好きな時代] 大航海時代
    [夢] 宇宙旅行

ご意見・ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。